読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

マギーズ・ファーム野茂

『3055』が閉鎖しちゃったので、書いた記事をサルベージするよ。

 

入稿 2012/10/03

 

 

The Rolling StonesTattoo You (1981)

f:id:jeffgoldsmith81:20170428220652j:plain

 

1. Start Me Up
2. Hang Fire
3. Slave
4. Little T&A
5. Black Limousine
6. Neighbours
7. Worried About You
8. Tops
9. Heaven
10. No Use In Crying
11. Waiting On A Friend

 

1981年に発表されたローリング・ストーンズのアルバム『Tatto You』は、過去の作品に収録されなかった曲をまとめた、いわば“寄せ集め”的な作品である。新曲は2曲。古い楽曲は、1972年のものまで遡る。したがって、ロン・ウッドではなく、前任者ミック・テイラーが弾くギターも入っている。そんな雑多な作品だが、これを「アウト・テイクをまとめたコンピレーション」と捉えるストーンズ・ファンはいないだろう。れっきとしたオリジナル・アルバムであり、しかもランク的には傑作の部類に入るという位置づけだと思う。

新旧の曲には9年ほどの時差があるにもかかわらず、その時間軸を無視するかのように、アルバムの雰囲気は驚くほどに統一され、しかも全体を通してモダンな感触さえある。大まかに、レコードのA面がロックンロールとブルージー路線、B面がメロウ、バラードといった感じで分けられている。よくよく考えると、オリジナル・アルバムでそういった極端な並びはあまり見ないが、本作に関してはそれも見事にはまっている。

オープニング・ナンバー『Start Me Up』は、80年代ストーンズを代表するような曲にまでなった。ライヴの定番でもある。それが、録音当時はボツとなっていたなんて、なんとも不思議な話だし、こんな曲が埋もれていたなんて、ストーンズの持つ創作のパワーも思い知らされる。クロージング・ナンバー、『Waiting On A Friend』では、ジャズ界の巨人、ソニー・ロリンズが客演。サックスで見事に華を添えている。(Jeff Goldsmith)

 

 

Tattoo You (Reis)

Tattoo You (Reis)

 

 

Sailor's Tale

『1/144 MS-06F ザクマインレイヤー』 

 

その① 

その② 

その③  

その④  

その⑤  

その⑥  

その⑦ 

その⑧ 

その⑨ 

その⑩ 

その⑪ 

その⑫ 

その⑬ 

その⑭ 

その⑭ 

その⑮  

その⑯ 

その⑰ 

その⑱ 

その⑲ 

その⑳ 

その21 

その22 

その23 

その24 

その25 

その26 

その27 

その28 

その29 

その30 

その31 

その32 

その33 

その34 

その35 

その36 

その37 

その38 

その39 

その40 

その41 

その42 

その43 

その44 

その45 

その46 

その47 

その48 

その49 

その50 

その51 

その52 

その53 

その54 

その55 

その56 

その57 

その58 

その59 

その60 

その61 

その62 

その63 

その64 

その65 

その66 

その67

その68

その69

その70

その71

その72

その73

その74

その75

その76

その77

その78

その79

その80

その81

その82

その83

その84

その85

その86

その87

その88

その89

その90

その91

その92

その93

その94

その95

その96

その97

その98

その99

その100

その101

その102

その103

その104

その105

その106

その107

その108

その109

その110

その111

その112

その113

その114

その115

その116

その117

その118

その119

その120

その121

その122

その123

その124

その125

その126

その127

その128

その129

その130

その131

その132

その133

その134

その135

その136

その137

その138

その139

その140

その141

その142

その143

その144

その145

その146

その147

その148

その149

その150

その151

その152

その153

その154

その155

その156

その157

その158

その159

その160

その161

その162

その163

その164

その165

その166

その167

その168

その169

その170

その171

その172

その173

その174

その175

その176 

その177

その178

その179

その180

その181

その182

その183

その184

その185

その186

その187

その188

その189

その190

その191

その192

その193

その194

その195

その196

その197

その198

その199

その200

その201

その202

その203

その204

その205

その206

その207

その208

その209

その210

その211

その212

その213

その214

その215

その216

その217

その218

その219

その220

その221

その222

その223

その224

その225

その226

その227

その228

その229

その230

その231

その232

その233

その234

その235

その236

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170427222635j:plain

これはとくに何でもない。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170427222751j:plain

緑を塗ってる。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170427223017j:plain

こないだはまったくもって塗り忘れてた。拳。色付けたら拳に見えてきた?塗ったら素材が見えないのでおさらいすると、固定の拳はキットのにプラ棒指付けたのね。親指が可動する方はスクラッチね。絶対に他キット流用とかサポートパーツとか使うなよな!

 

 

 

(谷)

ポルカドットスティングレイ / 大正義 (2017)

f:id:jeffgoldsmith81:20170426215845j:plain

 

ベーシストのウエムラが負傷して代役立ててるのが4曲あるってのは、当初「ええー?ブレイク最中の地盤固めそれでいいの?」と思ってたのね。代役がtricotヒロミ・ヒロヒロヒトリエのイガラシってことで、とくにtricotは俺、ライヴ観てるから興味深いっちゃ興味深いけど。でもまあバンドのフロント・マンで頭脳でもある雫のインタビューをネットで読んだら大納得。ベーシスト代役についてとくに言及ないインタビューだったけど。自分らをすげー有名なバンドにするために1秒も無駄にできないみたいな感じで、今回のアクシデントも急がば直進って判断あったのかなあ。いや本人に聞いてないから知らんけど。

そんなビジネス・センスに加えて、音楽を自己表現としてじゃなく、客の求めるものと徹底的に向き合うって姿勢がすげーってバンドなんだけど、今回収録の『ベニクラゲ』って曲でエンディングに向かって歌い方がどんどん狂気になってくのがビビるのねこれ。制御できない感情が出てるんじゃなくてエンターテインメントでやってるんだからそっちの方が凄い。

 

 

【Amazon.co.jp限定】大正義(ステッカー付)

【Amazon.co.jp限定】大正義(ステッカー付)

 

 

Careful with That Axe, Eugene

f:id:jeffgoldsmith81:20170425213850j:plain

朝、走った。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170425213928j:plain

風が強い。風通すジャージだと漕ぎ初めのうちは寒かったな。だが日差しは強い。漕いでたら暑くなった。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170425214242j:plain

この時期の用水路たまんねー!

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170425214428j:plain

田んぼに水溜まってたまんねー!

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170425214322j:plain

この水位たまんねー!雑草がおぼれてる感。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170425214650j:plain

堰の段差たまんねー!

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170425214847j:plain

抹茶味の作ってる!

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170425214932j:plain

抹茶アートが名物なのでこの時期、大勢の観光客が見に来てる。

 

 

 

マギーズ・ファーム野茂

『3055』が閉鎖しちゃったので、書いた記事をサルベージするよ。

 

入稿 2012/09/18

 

The Velvet Underground / White Light/White Heat (1968)

f:id:jeffgoldsmith81:20170424220112j:plain

 

1. White Light/White Heat
2. The Gift
3. Lady Godiva's Operation
4. Here She Comes Now
5. I Heard Her Call My Name
6. Sister Ray

 

デビュー・アルバム『The Velvet Underground and Nico』をプロデュースしていたアンディ・ウォーホルが手を引き、彼の推しによりシンガーとして参加したニコも去った、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの二作目『White Light/White Heat』。このアルバムはバンド史上、最も凶暴な、ノイズまみれの作品となった。

ノイジーなサウンドの多用は、ジョン・ケイルによるもの。バンドは、ウォーホルがいなくなったことでジョン・ケイルルー・リードの音楽的対立構造が明確に出ることとなる。その二人の主張がぶつかり合って、まさに火花が散るようなテンションが詰め込まれた作品が仕上がった。人間同士の摩擦と音のノイズ係数が比例して大きくなり、強烈な光を放っているのだ。

前作も十分に前衛的だったが、本作はギターのフィードバック・ノイズと反復するビートで、さらにフリーキーな世界が展開されている。その最たるものが、アルバムのラストに収められた『Sister Ray』。18分近くに及ぶ、ホワイト・ノイズの終わりなき行進は、この上なく暴力的。そして何故か、中毒性をともなったポップさも兼ね備えている奇曲だ。

集団創作の掟なのか、マックスの緊張感で、この上なく危険なアルバムを作ったジョン・ケイルは、ルー・リードとの対立が深刻化。本作を最後にバンドを去ってしまった。(Jeff Goldsmith)

 

 

White Light White Heat

White Light White Heat

 

 

マギーズ・ファーム野茂

『3055』が閉鎖しちゃったので、書いた記事をサルベージするよ。

 

入稿 2012/09/06

 

Rush / Moving Pictures (1981)

f:id:jeffgoldsmith81:20170423220334j:plain

 

1. Tom Sawyer
2. Red Barchetta
3. YYZ
4. Limelight
5. The Camera Eye
6. Witch Hunt
7. Vital Signs

 

カナダのスーパー・トリオ・バンド、ラッシュの9枚目にあたるオリジナル・アルバム『Moving Pictures』は、それまでの大作主義から、コンパクトな曲で攻めるようシフトした前作『Permanent Waves』の方向性をさらに進化させ、高い完成度を実現。バンド最大のヒット作となった。

プログレッシヴ・ロックのひとつに数えられ、文学性の高い歌詞と、高度な演奏技術で繰り広げられる楽曲。それらが一体となってラッシュ・ワールドが形作られる。巧みに組み込まれた変拍子などを必死に追っていくと、眩暈がしそうな難解さだ。しかしラッシュの凄いところは、それが一部のマニアだけに向けられているのではなく、多くのロック・リスナーに門戸を開くポップ・センスで一気に聴かせてしまうところだろう。

「技巧派のロックが好き」という人が聴くだけでアルバムは何百万枚も売れない。そしてラッシュは今でも、スタジアム級の会場を満杯にするようなバンドだ。来日が80年代に一度きりのため、なかなか実感できないが、ブレイク以来何十年と、大観衆を熱狂とシング・アロングの渦に巻き込む、メガ・バンドなのである。テクニックで測れる以外の魅力が彼らにはあるのだろう。(Jeff Goldsmith)

 

 

MOVING PICTURES

MOVING PICTURES

 

 

I Wanna Be Adored

『1/144 MS-06F ザクマインレイヤー』 

 

その① 

その② 

その③  

その④  

その⑤  

その⑥  

その⑦ 

その⑧ 

その⑨ 

その⑩ 

その⑪ 

その⑫ 

その⑬ 

その⑭ 

その⑭ 

その⑮  

その⑯ 

その⑰ 

その⑱ 

その⑲ 

その⑳ 

その21 

その22 

その23 

その24 

その25 

その26 

その27 

その28 

その29 

その30 

その31 

その32 

その33 

その34 

その35 

その36 

その37 

その38 

その39 

その40 

その41 

その42 

その43 

その44 

その45 

その46 

その47 

その48 

その49 

その50 

その51 

その52 

その53 

その54 

その55 

その56 

その57 

その58 

その59 

その60 

その61 

その62 

その63 

その64 

その65 

その66 

その67

その68

その69

その70

その71

その72

その73

その74

その75

その76

その77

その78

その79

その80

その81

その82

その83

その84

その85

その86

その87

その88

その89

その90

その91

その92

その93

その94

その95

その96

その97

その98

その99

その100

その101

その102

その103

その104

その105

その106

その107

その108

その109

その110

その111

その112

その113

その114

その115

その116

その117

その118

その119

その120

その121

その122

その123

その124

その125

その126

その127

その128

その129

その130

その131

その132

その133

その134

その135

その136

その137

その138

その139

その140

その141

その142

その143

その144

その145

その146

その147

その148

その149

その150

その151

その152

その153

その154

その155

その156

その157

その158

その159

その160

その161

その162

その163

その164

その165

その166

その167

その168

その169

その170

その171

その172

その173

その174

その175

その176 

その177

その178

その179

その180

その181

その182

その183

その184

その185

その186

その187

その188

その189

その190

その191

その192

その193

その194

その195

その196

その197

その198

その199

その200

その201

その202

その203

その204

その205

その206

その207

その208

その209

その210

その211

その212

その213

その214

その215

その216

その217

その218

その219

その220

その221

その222

その223

その224

その225

その226

その227

その228

その229

その230

その231

その232

その233

その234

その235

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170422222049j:plain

ヒートホーク忘れてた!

 

…というわけで、

 

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170422222314j:plain

プラ板とプラ棒でこれも作った。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170422222404j:plain

左側のスカートに穴開けた。

 

 

f:id:jeffgoldsmith81:20170422222549j:plain

そんで、こうやって携帯する。ホルダーはヒンジっぽく作ったけどそれはダミー。開閉はしないよ!

 

 

 

 

1/144 モビルスーツ用武器セット (機動戦士ガンダム)

1/144 モビルスーツ用武器セット (機動戦士ガンダム)