読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

マギーズ・ファーム野茂

『3055』が閉鎖しちゃったので、書いた記事をサルベージするよ。

 

入稿 2012/09/02

 

The Doors / Morrison Hotel (1970)

f:id:jeffgoldsmith81:20170420214917j:plain

 

1. Roadhouse Blues
2. Waiting For The Sun
3. You Make Me Real
4. Peace Frog
5. Blue Sunday
6. Ship Of Fools
7. Land Ho!
8. The Spy
9. Queen Of The Highway
10. Indian Summer
11. Maggie M'gill

 

1970年に発表されたドアーズ5枚目のアルバム『Morrison Hotel』には、初期2作のような初期衝動の成せるマジックや神秘性は存在しない。その代わり、ブルースから正常進化したロック・バンドの姿がある。

アルバムの方向性を象徴するオープニング曲『Roadhouse Blues』をはじめとして、ホーン・セクションやストリングスを大胆に導入した前作『The Soft Parade』とは正反対に、シンプルで無骨なブルース・ロックが鳴っている。そんな中、ミステリアスな詩人、ジム・モリソンのもうひとつの顔、ブルージーなシンガーとしての実力を聴くことが出来る。

ブルース色に加え、『Peace Frog』ではかなりファンキーなリズムを展開しており、バンドの新局面を聴くことができる。が、途中から溶けるようなメロウ・パートに突入し、そのままエンディングを迎えるのが、やはり一筋縄ではいかないドアーズといったところか。(Jeff Goldsmith)

 

 

Morrison Hotel

Morrison Hotel