ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

唇にBe My Baby

2015/11/23 Mt.Delicious / ~After 5years~ tour2015@Zher the ZOO YOYOGI

f:id:jeffgoldsmith81:20151124005040j:plain

と、いうわけでガンプラEXPOの後、Mt.デリシャスのライヴを観た。

いやその前に、秋葉原から御茶ノ水まで徒歩移動して楽器店巡り、さらに新宿でも楽器店巡りして歩いて代々木まで行ったのでもうかなり疲れている。さらに小雨が降ってきたよ。

今回、Mt.デリシャスは5年ぶりに活動再開してツアーということで、俺は活動してた当時は観てないんだよね。観そびれてるうちにシャケの活動がアコースティックのソロに移行しちゃって。Mt.デリシャスを観たら、シャケのパーマネントな活動で観てないのは、レベッカぐらいか?あと三国さんとの深空は観てないか。Mt.デリシャスは初めてなんだけど、メンバー4人のうち3人は原始神母で観ている。

世にあるどのバンドにも似てない、シャケのレッド・ウォーリアーズはもちろん、カジノ・ドライヴ、サイコデリシャスとも違うこのバンド、行く前はどんな向き合い方がふさわしいのか、考えてる部分もあったんだよね。でも始まってみたら会場みんなノリノリで。曲の展開や楽器の絡みが複雑だったりするんだけど、プリミティヴなリズムが効いてるからノレる踊れる。

シャケはアグレッシヴに、またスペーシーだったり幻想的だったりとギターを弾きまくり。克己さんは5年分、年をとって息があがると言いつつも、ピンク・フロイドのカヴァーとはまったく違う、激しいドラムをキメてた。で、このバンドが他と決定的に違うものとしているラブリー・レイナのスキャットは凄かった。フロントマンのヴォーカリストでもないし、バックコーラスでもないし、ダンサーでもない。でもそのどれでもあるみたいな不思議なポジション。さらにキーボードも、ちょっとオマケでって感じでもなく、上手かったなあ。加入当時高校生(だっけ?)の、克己さんの実子、ベースの輝は、なんだ男前だな!シャケと並んだらシャケよか長身じゃなかった?親子リズム隊はすげー安定感だし。学生で参加がいきなりMt.デリシャスって、ムチャクチャな難易度だと思うんだけど。

長尺な曲が多いということで、2つのメドレー形式を交えてのライヴ。濃かったし、濃いだけじゃなく理屈抜きにノレるし、このツアーでまたひとまず終了らしいけど、レッズと違った意味で貴重な存在なので、またいつかやってほしいであります。

 

 

乱反射 (ランハンシャ)

乱反射 (ランハンシャ)

  • アーティスト: Mtデリシャス(マウントデリシャス)
  • 出版社/メーカー: AMZPHERE WORKS / jEo
  • 発売日: 2010/03/20
  • メディア: CD
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る