読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

(谷)

『3055』が閉鎖しちゃったので、書いた記事をサルベージするよ。

入稿 2012/04/30

 

Mott The Hoople / All The Young Dudes (1972)

f:id:jeffgoldsmith81:20170214214238j:plain

 

1. Sweet Jane
2. Momma's Little Jewel
3. All The Young Dudes
4. Sucker
5. Jerkin' Crocus
6. One Of The Boys
7. Soft Ground
8. Ready For Love/After Lights; Ready For Love\ After Lights
9. Sea Diver

 

そのワイルドなパフォーマンスで、ライヴは好評を得ていたモット・ザ・フープルだが、レコードのセールスは振るわず、解散を決意。しかし彼らのファンだったデヴィッド・ボウイがアルバムのプロデュースを買って出て、表題曲『All The Young Dudes』を提供。起死回生の転機が訪れ、その後この曲はモット・ザ・フープルの代表曲としてだけでなく、グラム・ロックのアンセムとして広く聴かれるようになった。この経緯はクラシック・ロックを語る上で重要かつ有名なエピソードである。

曲を書き下ろしたデヴィッド・ボウイ本人もライヴで取り上げ、後にベスト盤でスタジオ・テイクも披露しているので、モットのヴァージョンと聴き比べてみると面白い。ボウイ・ヴァージョンの方は彼らしく、退廃的かつ文学的な響きを持っている。しかし、この曲を名曲たらしめる、決定的なマジックをかけているのは、やはりモットのヴォーカル、イアン・ハンターの歌声だろう。

イアン・ハンターは、歌が超絶的に上手いといったタイプのシンガーではないと思う。だが、彼が歌うこの曲は、若者の不安や希望、苛立ちと力強さといった、相反するものが詰まった青春の不安定さが見事に表現されている。そして更に、発表後何十年と経った今では、山あり谷ありだったモットのヒストリーともだぶって、男の哀愁、転がるロックンロール・バンドの切なさなども感じてしまう。

そんなことも踏まえ、この曲に一番似合うシンガーは、他の誰でもなく、ボウイも魅了されたイアン・ハンターなのだと感じるのである。(Jeff Goldsmith)

 

 

All The Young Dudes

All The Young Dudes