読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

べったら漬けが大好き

2016/12/17 The Willard Romancer’s “34th Xmas” Raid@ Shibuya TSUTAYA O-WEST

 

f:id:jeffgoldsmith81:20161218180438j:plain

と、いうわけでウイラードのライヴを観た。

 

アルバム、『Romancer』発売記念つうことで、場内暗転とともに、ステージ後方にタイトルのロゴとダイスが浮かび上がった。マイクスタンドにもダイスが。そんでもって、アルバム冒頭の2曲からスタート。

 

今回はねーー、すげー良かったなあ。いつもはまあ、「今日は、昔の曲で最近やってないレアなのやるかなー?」とかちょっと思ったりするんだけど、今回はまったくそんな思いは浮かばなかった。最新作からの曲が、生演奏でどう鳴ってくるんだろう?って期待の方がはるかに上回ってた。それだけ『Romancer』が強力だってことか。実際、初めて生で聴く曲で気分は盛り上がった。発売間もないから、当然聴く回数は限られてるけど、それでも盛り上がった。今後、もっと聴きこんで、身体にちゃんと入ったらもっと盛り上がるだろう。新作からけっこうやったけど、まだ全曲じゃないから、それは今後のお楽しみ。

 

 生で聴いて、これは篠田くんとシュウ・サカイのグルーヴで作られたアルバムなんだって、すげー実感したし、音源では弾いてないけど内藤氏は、グレッチとかレスポールで録られた曲をテレキャスでバキバキ鳴らしてて良かった。

 

そういえば、アルバムよか前に出たシングル、『First Greetings From Nocturne & Watch Rabbit 』の曲たちもやったから、近々のリリース物からがセットのけっこう占めてたな。なので、今回は選曲の妙で得した気分とかではない、フレッシュなライヴだった。結成30何年のバンドでこの状態って、そうそうはない気がする。そんだけ、今年2016年はアウトプットの充実で終われたってことか。毎年、出す出すって言うのが恒例だった感じだけど、JUNがホントに出したら凄かったね。実際。