読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ・ゴールドスミス日記

ファッションとグルメ以外のこと。

ピコ太郎のテーマ

2016/10/22 原始神母〜PINK FLOYD TRIPS 2016〜「狂気全曲再現」LIVE TOUR@クラブチッタ川崎

f:id:jeffgoldsmith81:20161024205756j:plain

と、いうわけで、『天の支配』から、原始神母のライヴが始まった。第一部は、主に初期というか、『狂気』よか前のアルバムから。『太陽賛歌』とか『神秘』とか。今年加入の大久保治信さんて、元々はフロイドには思い入れがなかったとかで(原始神母のFacebookでそう告白しとる!)、元々EL&Pキース・エマーソン派ということでいいのかな?でも厚見さんと比べても遜色ないプレイでリック・ライトを再現してた。

原始神母が演奏する、『原子心母』が第一部のハイライトかな?やる曲が判明したときの「おおー!」って歓声が一番大きい。

f:id:jeffgoldsmith81:20161024221027j:plain

俺、開演中はまったく撮影してなかったので、画像はすべてあましんさんからもらった!

『狂ったダイヤモンド』では、サックス奏者の阿部剛さんがサックス2本担いで登場。いつもは三国さんがキーボードでサックスの音色を再現してるところ、今回はスペシャル・ゲストのモノホンサックスだよ。マイナー・キーでむせび泣くサックスを生で聴いたよ。

 

第一部が終わって、「いよいよ第二部だがながくなりそうだな…もっかいションベンしとこ」と思ってロビーに出たら、会場にいた半分ぐらいが同じこと考えてたみたいで、諦めた。便器の順番来る前に休憩時間終わっちゃうよ。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20161024221341j:plain

これから凄いことが始まるわりにションベンしそこねたって話で申し訳ないが、そんなこんなであのSEが流れて、いよいよ『狂気』を完全再現する第二部が始まった!狂気じみた笑い声を、祐太郎さんが担当している!音源対応じゃないのか!生で笑ってる。あれってコンスタントに良い加減で出来るもんなの?さらに、『スピーク・トゥ・ミー』から『生命の息吹き』へと導く絶叫をミヲリさんが!そこも生?原始神母は『走り回って』のハイハット刻みも克己さんが生ドラムでやってるし。『P.U.L.S.E』のビデオ観ると、音源再生で対応で済ませてるっぽい。本家が。70年代だと本家も生なのかな?とにかく、ここら辺は本家以上の気合。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20161024224520j:plain

 

どうでもいいけど『狂気』を全部やるって、客の俺が緊張しちゃうよ。きっかけとちったり、尺間違えて「ちょちょちょっと今のなし!もう一回!」とか出来ないじゃん!プロだからそれはないか。いやでも、SEが予定通り鳴らないとか、弦が切れたりとか…あるじゃん。40分以上ノンストップだかんね。『狂気』の曲は、今までもほとんどやってたんだけど、実際にアルバムの曲順で全部つなげてやると凄いわ。シャケが弾く『タイム』のギター・ソロ最高。コーラス隊のスキャットも最高。『マネー』も生サックスだし、『アス・アンド・ゼム』からの畳みかけ、『狂気日食』が終わって着地するまではもう現世に戻れない感じで。ライティングの素晴らしさも相まって俺をどこに飛ばしてくれるんだ?みたいな。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20161024225840j:plain

『狂気』のすべてが、心臓の鼓動で幕を閉じ、これでもう大喝采。スタンディングオベーション。休憩時間中のオショーベンは諦めたけどな。フロイドの曲は座ってライヴ観るから、このスタンディングオベーションで皆立つ。

 

すでに普通のライヴではお腹いっぱいラインなのに、三国さんが「キーン…キーン」とと鍵盤を叩き『エコーズ』…やる!?『原子心母』やって『狂気』まるごとやって、『エコーズ』やる?単純に尺的に長いだろそれ!『エコーズ』はエディットして、『コンフォタブリー・ナウ』に突入。シャケのアウトロ泣きのギターソロで、ミラーボールが降臨。

 

f:id:jeffgoldsmith81:20161024230721j:plain

このミラーボールは見たことあるぜ。昔ジギーのMVで降りてきたやつだな。年々豪華になる照明だが、ミラーボールは本家のように割れない。これを割るには、みんな物販でグッズを買いまくるんだ。トリビュートのバンドだから印税収入関係ないじゃん。さらに度胆をぬくショウを観るには、マネーが必要だ。チケットに加え、グッズも全公演完売になれば割れるミラーボールが登場するかもよ?知らんけど。

 

アンコールの『ナイルの歌』は会場総立ち。フロイド史上、最もハード歌唱のナンバーでケネスが吠え、怒涛の各パートソロ回し。そして3時間に及ぶ大スケールのライブが大団円を迎えたのである!

 

「メンバーも物販にいくから~」ってアナウンスがあって…

 

今日はここまでだ。明日まとめに入る。

 

~続く~